【ビジネスマン必見】市場調査のやり方:情報収集を素早く終わらせる3つの方法

情報収集を効率的に行う3つの方法

この記事は市場調査や資料作成に時間や労力がかかってしまうといった悩みをお持ちのビジネスマン向けに、情報収集を効率的に進める具体的な3つの手法を解説します。

市場調査や情報収集を効率的に行うにはひたすら闇雲に情報を探し続けることは全くおススメできません。

最初の情報収集にはどのような方法があるのかを事前に知っておき、その中から自分の目的に合った最適なものを選ぶことを強くおススメします。情報収集には様々な方法がありますが、まずは3つの方法を抑えれば大丈夫です。

情報収集・資料作成を効率的に行う方法①:他人に聞いてみる

情報収集の方法として、まず検討すべきことは「だれか詳しい人」に聞いてみるということです。自分が知りたい情報を既に知っている人、詳しい人が近くに身近にいないか確認するべきです。同じ部署の先輩や同僚、違う部署の人等。

以前に自分と同じ内容を既に調べた人であれば、どのような情報がどこにあるのかを熟知している可能性が高いです。情報がまとまった書籍やウェブサイトを紹介してくれるかもしれません。更にはその人の知見や経験を聞くことが出来るかもしれません。

まずは詳しい人に聞いてみるということは、情報収集の基本の1つです。

情報収集・資料作成を効率的に行う方法②:社外の情報を収集する

詳しそうな人に聞いてみることの次に、更に詳しい情報が必要な場合は、本格的にある程度の時間や労力を割いて情報収集を始めなければなりません。

情報収集には、大きく分類して、次の2つに分けられます。

  • 社外情報収集
  • 社内情報収集

社外の情報収集は競合会社や市場動向を集めるために行うものです。社外情報であるため、主にはインターネットでのデスクリサーチ、記事検索、民間調査会社の公表情報を利用することになります。

情報収集・資料作成を効率的に行う方法③:社内の情報を入手

自社の情報を集めるために行う時の有用です、自社の財務情報や商品・サービス、顧客情報等が入手できます。

  • 財務データ収集:自社の財務諸表から確認
  • 社内資料分析:社内の資料から情報を得ることが出来る。経営企画、マーケティング、開発、営業等の他部署から関連した情報を入手できます
  • ヒアリング調査:社内で関係者にヒアリング
  • 社内定量調査:社内で社員にアンケート調査を行います

結論:効率的に情報収集を済ませるには?

結論としては、情報収集はまず詳しそうな人に聞いてみることが第一のステップになります。既に知っている人は、今自分が知りたい情報を的確に教えてくれます。

例えば、自分が上司の指示で、自社の予約システムサービスの市場動向を調べてくれと言われたとしましょう。多くの場合では、上司の指示は明確でない場合が多く、このケースでもざっくりと「市場の動向」を調べてくれと言われただけです。

市場動向を調べるには、まずは自分が今何を調べてなければならないのか明確にする必要があります。つまり、市場動向と細分化(ブレイクダウン)して考えましょう。

例を挙げれば、市場動向は以下のような項目に分類できます。

  • 市場動向
  • 市場区分
  • 競合会社の動き
  • 直近のトレンド
  • 法規定の改定

他人に聞くことで、今自分が何を知りたいのか自然と頭が整理されます。何が分からないか分からない状態から一歩進むことができるでしょう。

※参考

経済情報プラットフォーム
https://jp.ub-speeda.com/https://jp.ub-speeda.com/

矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

富士キメラ総研
https://www.fcr.co.jp/


市場調査と資料作成を外注しよう

コストと時間がかかる市場調査・資料作成・事業計画は現役の経営コンサルタントに外注することができます。